2016
10.05

ひざサポートコラーゲンは、膝関節カテゴリでは日本で初めてとなる、機能性表示食品として認められています。

・ひざサポートコラーゲンは薬ではないの?

ひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品ですが、あくまでも食品として考えます。

薬ではないから副作用のリスクはほとんどありませんし、コーヒーやお茶などに溶かして飲むだけだからとても手軽です。

長く続ける事で、少しずつ効果を実感できるようになるものです。

膝に痛みがある人が、ひざサポートコラーゲンを飲んだからといって、飲んで数分から数時間後には痛みが消えているという事はありません。

・膝の治療効果について

ひざサポートコラーゲンの臨床試験では、膝に痛みがある人も参加していましたが、痛み止めというわけではないため、劇的に痛みが消えたというわけではありません。

つまり、長く続ける事で、膝の曲げ伸ばしが以前よりスムーズになったと感じる事はあっても、膝の治療効果は期待できないため、痛みや炎症がある場合は病院での治療が必要です。

ひざサポートコラーゲンはあくまでも、サポート的な意味で取り入れるものです。

また、軽い運動やストレッチを行うことでより効果が得られます。

※詳しくはコチラ…https://goin.jp/7974

・まとめ

膝の関節を支えクッションの役割をしているのが、軟骨です。

軟骨は年齢とともに磨り減っていき、回復が遅くなるためトラブルが起きやすくなります。

膝関節に何か起きた時、ひざサポートコラーゲンを取り入れる事で、トラブルが起きた時サポート的な役割をしてくれるもの、と考えるとわかりやすいです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.